2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 4年目のリコーダー導入講習 | トップページ | ヘンデルのリコーダーソナタとの出会い・その2 »

2023年6月 7日 (水)

ヘンデルのリコーダーソナタとの出会い

 6月になりました。22日はヘンデルのリコーダーソナタのコンサート。おかげさまでたくさんのお客様に聞いていただけそうで、とてもワクワクしています!コンサートをより楽しんでいただけるように、ヘンデルさまとの思い出を書いてみますね!

 

 私がヘンデルのリコーダーソナタに初めて出会ったのは高校二年生の時です。小学校で地域のリコーダー合奏団に参加してから、リコーダーが大好きになったのですが、合奏団は入って2年もたたないうちに消滅。高校からは音楽の授業でもリコーダーは取り上げられず、どこかにリコーダーを吹けるところはないかな~、と、2年生になったときに帰り道にあった音楽教室にとことこ出かけて、「リコーダーの先生はいますか?」と聞きました。いなかったのですが,主宰のピアノの先生が知り合いを探して、私のために呼んできてくれました。

 

 現れたのは坊主頭で黒いコートを着た個性的な男の先生。ちりめんビブラートがかかった音をいい音、と信じていた私を「なんか勘違いしてるんだよね~」と言いながらも、優しくレッスンしてくれました。その時に初めて、リコーダーが古い楽器であることを聞き、渡されたのが、ヘンデルのヘ長調のソナタの4楽章。高校生なのでとりあえず指は回ります。でもちっとも楽しいと思わなかったし、ノンビブラートでふうっと吹く先生の音もちっともいいと思わなかった。なんか地味だな~、と思いながら吹いていました。

 

 イメージを変えなくては、と思ったかどうかは知りませんが、そのうち先生は私にレコードを渡して、「これを聞きなさい」と言うようになりました。あまり興味が持てなかったので「聞きました」と言って返すと、それを疑ったのか、また違うレコードを持ってきて「聞きなさい」と言うのです。また「聞きました」と言って返すと、また、違うレコードを。さすがに悪いと思って聞いてみたら、これがなかなか気に入りました。フランス・バロックのトリオのレコードでした。

 

 それをきっかけにその後も次々に渡してくれるレコードをちゃんと聞くようになり、音楽に目覚める決定的瞬間を迎えることになるのですが、話をヘンデルに戻すと、次の出会いはその約1年半後。大学の入試の課題曲がヘンデルのソナタト短調でした。

 

 ご存知の通り、ヘンデルのリコーダーソナタは譜面を見ると、そんなに難しそうではないのです。音を並ばせるだけなら、初級の方でもできます。遅い音楽の目覚めに焦りを感じていた高校3年生の私は、猛烈に練習しよう!とメラメラ燃えていたのですが、そんなメラメラもヘンデルのリコーダーソナタのどこにそのエネルギーを注入してよいかわからず、途方に暮れたのを覚えています。(続く)

 

ヘンデルのリコーダーソナタ~リコーダーのスタンダードナンバーVol.3

6月22日(木)19時開演

鶴見区民文化センターサルビアホール音楽ホール

 

チケット好評発売中。詳細はコンサートページへ。

 

昼公演(14時30分開演)は残席僅少につき、お早めにお求めください。

 

« 4年目のリコーダー導入講習 | トップページ | ヘンデルのリコーダーソナタとの出会い・その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4年目のリコーダー導入講習 | トップページ | ヘンデルのリコーダーソナタとの出会い・その2 »

フォト
無料ブログはココログ