« ハノイ国立教育大学で授業 | トップページ | Viva☆リコーダーカルテット東京公演 »

2018年12月13日 (木)

UNDP主催盲学校コンサート

 11月13日、午前と午後の授業の合間を縫ってUNDP(国連開発計画)ハノイ事務所主催の盲学校のコンサートに出演しました。

 演奏曲目は、口笛ポルカ(スイス民謡)、ラントイ(ベトナム民謡)、ふるさと(岡野貞一)、

ソナタ 変ホ長調 BWV1031より第1楽章(バッハ)。


1542122105665_2
 ベトナム文化に詳しい今回の通訳の遥香さんによると、ベトナムでは人が集まるととにかく大音量で音楽を流すそうで、私も自分の笛の音がPAであんなに大きく鳴っているのを初めて聞きました。う~ん、ベトナム・爆音文化。
 こちらの盲学校では音楽にとても力を入れていて、ステージに上がっている生徒さんたちはとくに耳が良いみたい。私がラントイを無伴奏で吹き始めたらまったく打ち合わせもなくごく自然に、伴奏をみんなでつけてくれました。ベトナムの曲だからかな、と思っていたら、次の「ふるさと」にも!ラントイに比べるとちょっと不思議なコード感だったのが面白かったです。

 よく理解していないまま臨んだコンサートですが、意外と大きなイベントだったみたいで、マスコミの取材や国連系の(?)方たちもいらしていたようです。演奏が終わった後も「写真を撮るからここに立って、子供たちと吹いてるポーズをとって」と言われ、ただ真似してるのもなんだ、と思って子供たちが演奏している「ドラえもん」を一緒に吹いていたら、これがすごい!

 イ長調だな、と思って吹いてたら、変ロ長調、ハ長調、ニ長調…とちょっとずつキーを上げながらみんなで演奏してるのです。楽譜もなく(見えない)、どうやらキーボードの子がリーダーとなって調を変え、みんなはそれを聞いて合わせてる様子。なぬ~?

 …写真のために立っていることも忘れて、思わずアツくなってしまいました。


1542122095463

 

 横を向いて吹いてるのは後ろにいるキーボードの子に注意を集中しているから。

キミたち、ほんとに耳が良いんだから~
 

« ハノイ国立教育大学で授業 | トップページ | Viva☆リコーダーカルテット東京公演 »

コンサート」カテゴリの記事

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UNDP主催盲学校コンサート:

« ハノイ国立教育大学で授業 | トップページ | Viva☆リコーダーカルテット東京公演 »

フォト
無料ブログはココログ