« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月18日 (水)

富良野に行こう、ラベンダーふたたび!

 去年、夫と二人で行った北海道旅行で「一生分のラベンダーを見た!」と満足していたのですが、その時の写真を見た81歳の母が「今年は絶対行く!」と言うので、それなら、と姉も誘って今年も行ってきました。北海道、富良野のラベンダー。

Img_20180711_160955

 今回はラベンダーに焦点を絞り、3日間たっぷり富良野と美瑛、そして旭山動物園にも行きました。
 Asupe




 初日ランチは美瑛アスペルジュ。去年良かったのでリピートです。まずはカンパーイ。
 Img_20180710_121545

  中日ランチは念願の美瑛・ヴァローレ。ここは基本的に撮影禁止です。   
  また行きたい~



Poteto  
 
 ヴァローレの近くのジャガイモ畑。白い花が咲き始めていました。



 Soft
最後の日は、カンパーナ六花亭でハヤシライスとふらの餅、ファーム富田でラベンダーソフト、サンタのひげでメロンソフト!3人の平均年齢は…?いいのです、食べたいものを食べるのだ!


 富良野の歴史の中には、海外産の安価な原料に押されて、ラベンダー栽培をあきらめざるをえなくなりそうな危機があったそうです。当時の国鉄のPR用に採用されたラベンダー畑の写真が観光客を呼び、現在につながったそうです。
 リコーダー導入講習で知り合った人の中に、30代の富良野出身の方がいました。「すごく良いところのご出身ですね」というと「夏はいいけど、他は何もないので、同級生たちはほとんど誰も残っていません」という答えでした。こんなに素晴らしいところでも、やはり地方の抱える問題は同じようです。
 
 Img_20180714_104926_2





 去年買ってみてとても良かったので、今年はたくさん買いました。ファーム富田のラベンダーの入浴剤。
 




 最近のおかしな天候は北海道も例外ではなく、すっきりと晴れた青空のもとラベンダーが見れたのは最終日のみでしたが、81歳と高齢の母と歩くのには曇り空のほうがかえって良かったです。
 母と姉のとびきりの笑顔をたくさん見れたことが、何よりうれしい旅行でした。

Tomita

2018年7月 5日 (木)

久しぶりの映画

 なんだかんだとずっと忙しかったのが7月に入ったとたんに落ち着いたので、久しぶりに話題の映画でも見ようと行ってきました、「万引き家族」。たくさんのレビューにもあるように、見た後の気分はモヤモヤ…

 家族って、家庭って、ホッとできる「巣」でなきゃいけない。そこで休んで、また明日頑張ろうって思える場所にできればそれが最高。

 …けど、その頑張る先が犯罪っていうのはまずいよね、どう考えても…

 小学校のリコーダー導入講習で2か月ちょっと、しかも週に二日だけ、外に仕事に行っただけでも、家に帰るとほんとにホッとしました。帰った場所でいざこざがあったり、緊張があったりするのはほんとに辛いことなんだなと、今さらながら実感。
 家族って、家庭って、ホッとできる「巣」であればいい。休んで、力を蓄えたならまた立ち上がっていけると信じたい!…モヤモヤの後に、そう思った映画でした。


Img_20180705_112801
   もう7,8年?もっとかな?いただいたものを株分けしてずっと育てている胡蝶蘭。今年は3鉢咲きました。売ってるモノみたいにお花の向きを揃えるのは難しい。
 
 

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

フォト
無料ブログはココログ