« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月18日 (火)

「日曜日のトリオ」のお知らせ

おかげさまでチケットは完売いたしました。ありがとうございます。
リコーダーとフラウト・トラヴェルソ、リュート、ヴィオラ・ダ・ガンバという組み合わせで5月21日、日曜日の午後にコンサートをします。題して「日曜日のトリオ」。
 バロック時代のトリオは、二つの旋律楽器と低音を受け持つ楽器の3声部で書かれていますが、低音部は旋律を演奏できる楽器と、和音を出せる楽器、両方で受け持つことが多いです。今回も、リュートとヴィオラ・ダ・ガンバ、両方で一つの低音部を演奏します。なので、トリオといっても演奏者は4人です。
 リコーダーは、トリオはヘンデル、サンマルティーニの作品からそれぞれ選び、それにバルサンティのソロソナタを加えて「ロンドン出稼ぎ組」のプログラムにしました。
 フラウト・トラヴェルソは、マレのトリオ組曲を中心に。ファルケンハーゲンのコンチェルトは、
本邦初演なのでは?リュートの活躍する、素敵な曲です。
 「やわらかな 楽の音ひびく 昼下がり 色とりどりの 夢にまどろむ」
 リュートの佐藤亜紀子さんがこんなサブタイトルをつけてくれました。このプログラムにぴったりです。
 皆様のご来場をお待ちしています。



日曜日のトリオ~やわらかな楽の音ひびく昼下がり 色とりどりの夢にまどろむ
・日時: 2017年5月21日(日)   13時30分開場   14時00分開演
東京都板橋区 古楽研究会 Space1F

(東京都板橋区中丸町10-1 古楽研究会ビル1階 「池袋駅」より地下鉄有楽町線・副都心線で1駅め、「要町駅」3番出口から 徒歩9分 前後 「池袋駅」西口よりバス便=熊野町循環または中丸町循環にて、「中丸町」下車 徒歩1分 )

・入場料:3500円(前売り券3000円 40席限定)

チケットのお求めはお名前、ご連絡先、ご購入枚数を明記の上   
Love Recorder までお申し込みください。
 


 

プログラム

ヘンデル:トリオソナタヘ長調 HWV405
バルサンティ:リコーダーソナタハ短調
サンマルティーニ:トリオソナタニ短調
ファルケンハーゲン:コンチェルト3番 ニ長調
マレ:トリオ組曲 ホ短調

出演者

リコーダー/フラウト・トラヴェルソ  国枝俊太郎、渡辺清美
ヴィオラ・ダ・ガンバ  堀あゆみ
リュート 佐藤亜紀子

20170531a_620170531b

2017年4月10日 (月)

にこたま de オペラ

 109シネマズ二子玉川で先週土曜日に始まったMETライブビューイングのオペラに行ってきました。演目は「椿姫」。もうすご~く良かった、おススメです!

 オーボエ吹きの友人で音楽仲間のアリコさんに、「いいよ~!」と勧めてもらっていたのですが、なかなかタイミングがつかめず、今回初めての体験となりました。METライブビューイングとは、ニューヨークメトロポリタン歌劇場で最新シーズンに上演されたオペラを映像にして楽しむものです。詳しくはMETライブビューイングのページへ。


 ホンモノの生のオペラとはもちろん比べ物にはならないのでしょうが、字幕も付くし、演者の表情もよくわかるので、物語としての深さはコチラのほうが良く味わえるかも。

 私にはソプラノのソニア・ヨンチェバさんが本物のヴィオレッタのように見えて、恋人アルフレードを思う気持ちに打たれ、涙が止まりませんでした。この感動は演技ももちろんだけど、やはり音楽の力が大きいのだと思います。そこが、オペラたる所以かしら。

 オペラというと敷居が高いイメージで、(実際高いんでしょうけど)なかなか手が出ないけど興味ある…という方には本当におススメです。 
 
 ライブビューイングは始まってから1週間で終わるもの、また1日に1回しか上映しないものが多いので、チャンスをつかんでまた行きたいな~
 ちなみに「椿姫」は、今週金曜日までです。
Dsc_0223
 
 食卓の「ヴィオラ」。
 「椿姫」だけど、主役はヴィオレッタ、なのよね。
 
 

2017年4月 6日 (木)

清瀬リコーダーフェスティバルvol.2

 コンサートのお知らせです!

 4月30日(日)東京都清瀬市にあるけやきホールで「 清瀬リコーダーフェスティバルvol.2」が開催されます。我らがM氏こと、松浦孝成さんが音楽監督をなさいます。松浦さんは清瀬で高校時代を過ごされたそう。地元のリコーダーオーケストラを作って、リコーダーフェスティバルを開いてしまうなんてすごい!誰にでもできることではありませんね。さすがは我らが松浦氏…

 今年で2回目のこのフェスティバルに、スーパーリコーダーカルテットで出演します。

 公募による60人のリコーダーオーケストラによる第1部と、スーパーリコーダーカルテットによる第2部という2ステージ構成。

楽しいステージでフェスティバルに花を添えられるといいなぁ。皆様のご来場をお待ちしております~

*2017年4月30日(日) 清瀬リコーダーフェスティバルVol.2

東京都清瀬市 清瀬けやきホール 14時30分開演 13時30分開場 

出演:スーパーリコーダーカルテット (北山隆、村田佳生、松浦孝成、渡辺清美)

60人のリコーダーオーケストラ,清瀬リコーダーアンサンブル・ルシェッロ

プログラム

トンプソン:ジュビリーワルツ、テレマン:コンチェルトヘ長調、中西 覚:祭り、

イスラエル民謡:ハヴァ ナギラ、アイルランド民謡: ダニーボーイ ほか

・入場料:2000円(高校生以下500円)

・問い合わせ先:清瀬けやきホール042-493-4011

(電話:月曜日から日曜日9:00~20:00、第3月曜日9:00~17:00) 

keyaki-info(a)kiyosekeyakihall(dot)jp

170430_3 170430_4

2017年4月 4日 (火)

4月になりました!

 とうとう、やっと、春らしくなりましたね。

 今年は本当にいつまでも寒くて、おとといの日曜日に靖国神社の基準木に満開宣言が出た、というので、歩きがてら河原の桜を見に行ったのですが、どの木も二割ほどしか咲いていませんでした。その代わりに咲いていたのは、写真の菜の花。
 
 Dsc_0476_2 去年の春はこの菜の花の群れをかき分けかき分け、どんどん進んでいくロンについて、道なき道を行ったなあ、と思い出すとまた涙。黙って一緒に歩いてくれる夫に感謝…

 春から社会人になり、家を離れることになった次男を送り出した昨日は、どうにも気持ちが落ち着かなくて、古い友人を突然訪ねてしまいました。
 中学3年間、同じ剣道部で汗を流したkちゃんは、今は新丸子にある写真館の女将として活躍しています。突然押しかけてきた私を、変わらない笑顔で迎えて再会を喜んでくれました。
 「私に会いに来てくれたってことは、キヨミにはそろそろ動き出したいっていう気持ちがあるからなのかな?」…私の話をいろいろ聞いた後、そんな言葉をくれるkちゃんです。
 数えてみると、4月1日はロンが亡くなってちょうど100日目。以前、義父の百か日の法要で、ご住職様が「百か日、というのは卒哭忌といって、遺族が嘆き悲しむ毎日から卒業する日です」と、おっしゃっていたのを思い出しました。
 きっと、そうなんだ。
 四月になりました!
 

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

フォト
無料ブログはココログ