« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月18日 (金)

深沢小学校の芸術鑑賞教室

 昨日は鎌倉市の深沢小学校の芸術鑑賞教室に出演しました。

メンバーはステラの愛ちゃん、ユキちゃん、ヴィオラ・ダ・ガンバの品川聖さん、鍵盤・ハープの矢野薫さんと私。グループ名は「アンシェント・ミュージック」!

フラウト・トラヴェルソや、ゲムスホルン、クルムホルン、など、リコーダーが活躍していた時代の仲間の楽器も使って、古楽器としてのリコーダーの顔の紹介もしました。

 公演後、廊下で会った女の子たちが、「すごかった~」「あれを目標に頑張ります」、と声をかけてくれました。
校庭にいた体操着姿の男の子たちも駆け寄ってきて、「ありがとうございました!」と帽子を取って!挨拶してくれました。

 リコーダーはもう小学校の必修教材ではないけれど、リコーダーほど入り口が易しくて、奥が深い管楽器はないんじゃないかなあ。一人でも、リコーダーを通して音楽を好きになる子が増えてくれるといいなあ、と思いました
 昨日の様子はステラの愛ちゃん(浅井愛さん)が、彼女のブログにとっても詳しく載せてくれているので、ぜひご覧ください~

 20161117

2016年11月14日 (月)

飛んじゃいました

「先生、私、このトシになって初めて空を飛んじゃったの!」
先日のミノーレのレッスンの休憩時間に、そう話してくれたのはHさん、このトシ、とは70歳‼
パラグライダーに初挑戦して、一人で空を飛んだそうです。
「もう楽しくて、楽しくて~」。
 ハイハイ、その顔見れば、どんなに楽しかったかわかります。本当にうれしそうで、ピカピカの笑顔でした。

  翌週の木曜日は東京文化会館で行われた、テレマン室内オーケストラの演奏会へ。

 スーパリコーダーカルテットのボスである北山隆先生が、サンマルティーニヘ長調とヴィヴァルディRV 443の二つのリコーダーコンチェルトを一晩で演奏なさるのを、聴きに行きました。
 カルテットでご一緒させていただいてはいるものの、先生のバロック音楽の演奏は、見るのも聞くのも実は初めて。(スミマセン)

 初めて聞いてビックリ!
とても軽やかで、アンサンブルをキューっとまとめて、それこそ空に駆け上がっていかれそうなフレッシュな演奏でした。この日が、73歳のお誕生日というのだから…もう…

 久しぶりに、心が躍る、楽しいバロック音楽を聞かせていただきました。

 私も今度の日曜日、光と緑の美術館のコンサートでサンマルティーニのヘ長調のコンチェルトをチェンバロ版で演奏します。こんな風に、「飛んじゃえそうな」演奏を目指します!お席もまだあるようですので、ぜひ聞きにいらしてくださいね~

Concert1120_1

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

フォト
無料ブログはココログ