« お茶の時間にバロック音楽 | トップページ | 所沢で「お茶の時間にバロック音楽」 »

2015年10月16日 (金)

ふっくら、大阪の味

 昨日は、大阪リーガロイヤルホテルで行われた、レッキス工業(株)様の90周年記念祝賀会で演奏させていただきました。
手厚いおもてなしを受け、大感激でした。
 今回はわけあって、すぐに帰宅しなくてはならず、仕込み、リハ、本番、撤収まで3時間余り、今までで一番時間の短い大阪滞在でした。でもせっかく大阪までいくんだから!今回は大阪で「うどん」を食べよう~!と、向かったのは「新梅田食堂街」。
「釜たけうどん」でいただきました。
 見た目はちょっと太めの普通のうどんですが、一口食べてみて、「ああっ」と声が出てしまいそうな、意外なふわふわ感。
温かいおうどんにしたせいかもしれませんが、つるつる、しこしこ、という今までのうどん観(うどんの世界観?)を大きく裏切る食感でした。
 ふわふわ、ふっくら、それなのに、しっかりとコシがある。
以前、やはり同じ食堂街にある和食のお店、「森清」さんの女将さんと握手した時のことが脳裏によみがえりました。予約なしに行った私たちが、先約のお客さんで混雑してきたお店を出る時、わざわざ外まで出て見えて、「堪忍な~、おおきに~」と、手を握ってくれたのです。
 女将さんの手は温かく、ふっくらとして、でもしっかりしていました。今回のうどんのように。
短い時間でも、良い大阪の思い出ができました。「新梅田食堂街」、おススメです~


Dsc_1067_2ちく玉うどん。この大きなちくわの天ぷらもおいしかった~

« お茶の時間にバロック音楽 | トップページ | 所沢で「お茶の時間にバロック音楽」 »

コンサート」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふっくら、大阪の味:

« お茶の時間にバロック音楽 | トップページ | 所沢で「お茶の時間にバロック音楽」 »

フォト
無料ブログはココログ