« どうでもいい話 | トップページ | おかげさまで »

2014年7月21日 (月)

どうでもいい話 の 続き (腓骨骨折の経過)

 前回ブログを書いた日の朝が、怪我をしてからちょうど一週間目、病院の診察の日でした。
なんと、その日にもうギプスが外れてしまいました!
本当は外す予定ではなかったようですが、腿から足首まで固定されているのがとても不便なので、「これ、膝から下だけにできませんかねぇ」と言ってみたところ、くだんのS医師が「うーん、骨はくっついてないけど、そんなら外しちゃおうか。ちょっと歩いてみて」。
ええっ!と驚きつつ、そろそろ体重をかけると、歩ける…「大丈夫です!」
 
 ちなみに、腓骨というのは膝から足首までの太い骨である脛骨にくっついている細い骨で、体重を支える役目はしていないそうです。
 ただし、「腓骨神経」という太い神経が通っていて、正座の後に感じるしびれや足の疲労感、痛みなどには大きく関わっているそうです。
骨折した直後の、発作のように襲ってくる息もつけない痛みは、この腓骨神経によるものだったみたいです。
…体重も支えないくせに、痛みだけは一人前なのね…

 そんなわけで、ギプスは1週間で取れました。
そして今日でさらに1週間経ちました。松葉杖も使わずに、家の中のことは少しずつして、5日前から自宅でのレッスンを再開。一昨日は車を運転してコンソート青葉のレッスンにも出かけました。まだ骨はついていないので、慎重に…
 骨折は時間がクスリ。
治ってしまえばどうでもいい話。
 コンサート延期でご迷惑をおかけし、ご心配をいただいた皆様、助けて下さった見知らぬ方たち、そして誰よりも私の家族に早く全快のご報告ができるようにしたいです。
 私の場合はあと、ちょっとで本当の「どうでもいい話」です~


 

001
救急車に乗る私を黙って見送ったロン。帰ってからは片時も私のそばを離れませんでした。
「責任感じてんだろ」と家族。
ロンのせいじゃないよ~!!

« どうでもいい話 | トップページ | おかげさまで »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいい話 の 続き (腓骨骨折の経過):

« どうでもいい話 | トップページ | おかげさまで »

フォト
無料ブログはココログ