« ごぶさたしてます | トップページ | 第15回Love Recorderの発表会 »

2014年4月30日 (水)

春の幸

今年も掘りたての竹の子をいただいた。
この春は2回目。
子供達が小さかったころは皮で梅干しをくるんで、チュウチュウと吸う…なんてことも喜んでくれていたけど、若き成人男子となった今では、この竹の子、食卓であまり人気がない。
今日もしみじみと「これを最初に食べた奴はよっぽど飢えてたんだろうな…」などと、のたまいながら食べている。
だってこれって木だろ?木の幹の部分だろ!と。
 言われてみれば春の食べ物って、普段は食べないけれど「芽」だから食べる、っていうものが多い。
タラの芽にしても、菜の花にしても、ふきのとうにしても、竹の子にしても。
冬の間食べるものがなくて、どうしようもなくて、やっと春になって、普段は食べられないけれども柔らかい芽やつぼみのうちなら食べられるかも…と手を出した先人が開拓した味なんだ、きっと。
 必死になって野山を駆け巡って探した春の幸。


 ちなみにこの竹の子たち、ぬかと一緒に茹でてから前回いただいたものは竹の子ごはん、若竹煮、サクラエビと合わせてかき揚げ、姫皮は梅干しと合わせてお吸い物にして、きれいにいただきました。
 今日は竹の子多めの筑前煮。
残りは何にしようかな…

007_2
川原にはハナシノブと菜の花がいっぱい。
 ここまで育っちゃ食べるのは無理だけど。

« ごぶさたしてます | トップページ | 第15回Love Recorderの発表会 »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の幸:

« ごぶさたしてます | トップページ | 第15回Love Recorderの発表会 »

フォト
無料ブログはココログ