« 幸せのおすそ分け | トップページ | 歌えばいいのよ。 »

2012年6月 6日 (水)

木のように

木のように 歳をとれたらいいな     幹は白く なめらかに乾き  洞では ももんがが  いねむりをしている


これは今私が練習している合唱曲集、「母の手」の中にある曲、「木のように」の中の一節です。
作者は星野富広さんです。

鳥を憩わせる枝は 大きく横にまがり  たまにはここに 腰かけ 休みなさい と 人間にもいっているようだ


先週、夫の祖母、ミヨコさんは93才で亡くなりました。 人工的な延命措置はせず、木のように白く、なめらかに乾いて、眠ったまま逝きました。
週末におこなった身内だけのお通夜、告別式には、ひ孫11人、孫7人、ほか親戚一同で約50人が集い、お見送りをしました。

何をしても、また何をしなくても、これで満足、ということは逝くほうにも送るほうにもないでしょう。

              

でも、おばあちゃん、あなたは確かに、木のように、歳をとられました。 


Tree38


« 幸せのおすそ分け | トップページ | 歌えばいいのよ。 »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木のように:

« 幸せのおすそ分け | トップページ | 歌えばいいのよ。 »

フォト
無料ブログはココログ