« 春の弥生の | トップページ | すごい信頼 »

2012年3月 9日 (金)

コンソートミノーレ 小さな演奏会

3月9日はコンソートミノーレのコンサートでした。

「小さな演奏会」の名の通り、休憩なしの1時間のプログラム。

それでもビクトリアの声楽曲、ジェミニアーニの合奏協奏曲から、斉藤恒芳さんがリコーダーのために作曲した現代の作品「四つのタブロー」まで、バラエティに富んだ聴きごたえのあるプログラムだったと思います。

いつもはメンバーの皆さんのそばで指導していますが、本番は吉沢先生が振ってくださるのでちょっと距離を置いて皆さんの演奏する姿を眺めることができました。

ハラハラ、ドキドキ…も、もちろんたくさん(失礼!)あったのですが、皆さんが生き生きと演奏する姿を見れて本当に良かったです。

3割は株が上がって見えますね!

やっぱり発表することって大事なんだなあ…とつくづく思いました。

あいにくの冷たい雨の降る平日の午後でしたが、100席用意した会場はほぼ満席でした。

お出かけ下さった皆様、本当にありがとうございました。

Flower01


« 春の弥生の | トップページ | すごい信頼 »

コンサート」カテゴリの記事

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンソートミノーレ 小さな演奏会:

« 春の弥生の | トップページ | すごい信頼 »

フォト
無料ブログはココログ