« 第25回リザーブコンサートの収穫 | トップページ | ラブ・リバー、ラブ・リコーダー »

2011年11月20日 (日)

リコーダーアンサンブル〈ステラ〉の学校公演

リザーブコンサートの翌日、11月14日はリコーダーアンサンブル〈ステラ〉での学校公演初日でした。

これから来年2月にかけて毎月1~2校、神奈川県厚木市内の小学校でコンサートをします。

去年も2校ほどさせていただいたところ、大変ご好評頂き、今年は数も増えました。

厚木市文化財団の主催事業で、市で予算を組み、市内の小学校がそれに応募する、という形で行われるそうです。

先日訪れた学校は本厚木駅の近くにある小学校。

「元気がいい子がたくさんいますよ」と聞かされた通り、最初はちょっと心配になるくらい賑やかだったのですが

演奏が始まるとみんな食い入るように注目して、とても楽しんでいる様子で安心しました。

クライネ・ソプラニーノからバスリコーダーまでを使って、色々な曲を演奏します。

反応がいいのはやはりジブリものですが、「シチリアーナ」のようにしっとりとした曲を吹くと会場内にふう~とリラックスした雰囲気が流れ、

子供たちが落ち着く様子がわかりました。

リコーダーをもっと好きになってくれたらいいなあ。

これからどんな子供たちに会えるか、とても楽しみです。

Handface01_3


Handface03


« 第25回リザーブコンサートの収穫 | トップページ | ラブ・リバー、ラブ・リコーダー »

コンサート」カテゴリの記事

リコーダー」カテゴリの記事

コメント

李志操さま

昨日のリコーダーコンソート青葉の演奏会にお越しいただき、ありがとうごございました。
コメントも色々書いてくださって嬉しいです。

青葉のメンバーは多才な人が多く、ガンバやリュート、チェンバロを加えたコンサートも密かに企んでおります。もうちょっとお待ちくださいませ~

メガ・ロニーの楽譜はアメリカの楽譜通販シートミュージックプラスhttp://www.sheetmusicplus.com


に行き、MegaRONYと検索すれば買えます!

ステラは一般の方に聞いていただけるコンサートを近いところでは4月の第三土曜日にします。詳しくはまたブログ、HP、でお知らせします。

こんごともよろしくお願いします~

昨日、青葉台フィリアホールでの「青葉」の定演を聴きました。ほぼ2年に一度の発表が、地元の人々に愛され、支持されている雰囲気が会場からも伝わり、工夫に満ちた暖かい演奏に心が和みました。よくある楽器紹介が単にそのパート楽器だけでなく、コンソートの形を成していたことも好感でした。バード大好き人間としては”Leaves be green”では遅いテンポが却って新鮮でしたが、レーリヒのセレナーデは渡辺さんがぜひやりたい曲と仰っていただけあってリコオケらしい響きで流石でした。「メガ・ロニー」の楽譜の入手法が知りたいのですが、差し支えなければお教えください。ところで、whole consortだけで2時間近い演奏は,よほどの内容でないと聴衆を引っ張っていくことは難しいとかねがね感じています。今回、控えめなパーカッションが入っていましたが、もっと効果的に鳴らしてはいかが?と感じました。更に欲を言えば、マドリガルやカンタータのアリアなどの声楽や、リュート、シターン、ガンバなど弦楽器を投入したbroken consortの形が一部にでもあれば大変ユニークで響きの豊かな合奏団となるのではないでしょうか。
申し遅れましたが、私はリコーダーとガンバを少しやっており、小さな合奏団を主宰しています。大阪市内、東京都内各地でリコーダー合奏団の発表会を聴くことを趣味の一つにしています。ステラの99年10月CDデビュー版も愛聴していますよ。まだお若かった4人の皆さん、それぞれに今も現役で演奏や、雑誌編集、教育面でご活躍の様子を知り嬉しい限りです。西宮芸文センターホールでの年末のSRQコンサートでピンチヒッター出演とか、何があったためか知らないのですが、私は残念ながら行けないでいました。大阪組の藤田隆さん、秋山滋さんは愉しい方たちでよく知っています。お喋りが過ぎました。ステラの公演も含めてリコーダー、古楽全般の案内がありましたらどうぞお知らせください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リコーダーアンサンブル〈ステラ〉の学校公演:

« 第25回リザーブコンサートの収穫 | トップページ | ラブ・リバー、ラブ・リコーダー »

フォト
無料ブログはココログ