« 中高生の皆さんへ:コンサートのお知らせ | トップページ | 10.古典調律について »

2011年10月 4日 (火)

9.チューナーのすすめ

いまさらですが、チューニングメーターについてです。

リコーダーを練習する際には、チューニングメーターをいつも横に置いて、つけっぱなしにしておくことをお勧めします。

音を出すたびにいつも見ている必要はありません。

フレーズの終わりの音、何か表現したい長い音、音程の定まりにくい半音の音、など、要所要所でチラッと横目で見ればいいのです。

すごーくぶれてしまっていてもがっかりせずに続けていくと、だんだん自分の楽器が何の音の時に高いか低いか、わかってきます。

リコーダーは音程のコントロールができないと楽しめない楽器です。

いくら難しいパッセージを間違いなく吹けるようになっても、音程が悪ければ「おひとりでどうぞ」と言われてしまいます。

ぜひぜひ、チューニングメーターを使って、素敵なアンサンブルをお楽しみくださいね。

参考までに私はTM40(コルグまたはYamaha製)とOT120(コルグ)を使っています。

二つとも買う必要はありません。

TM40はメトロノームと一体になってるので、両方必要な人にはなお、良いですよ!

OT120はメトロノームをすでに持っていて、これから本格的にリコーダーをやっていきたい人にお勧めです。

それは、古典調律のチューニングができるから。

古典調律についてはまた次の機会に。


Bg_flower03


« 中高生の皆さんへ:コンサートのお知らせ | トップページ | 10.古典調律について »

レッスンの友」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9.チューナーのすすめ:

« 中高生の皆さんへ:コンサートのお知らせ | トップページ | 10.古典調律について »

フォト
無料ブログはココログ