2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 演奏と会場の関係 | トップページ | 4、和音の転回 »

2011年7月27日 (水)

3,長三和音、短三和音

和音は音楽を作る上でとても大切な要素です。
基本になる長三和音、短三和音について。

Cocolog_oekaki_2011_07_27_21_02

ドミソ、ファラド、ソシレ。この3つの和音はどれも長三和音です。音の関係を調べます。

ドミソ=ドミ+ミソ=長三度+短三度

ファラド=ファラ+ラド=長三度+短三度

ソシレ=ソシ+シレ=長三度+短三度

つまり長三和音とは長三度+短三度の組み合わせでできている和音です。


Cocolog_oekaki_2011_07_27_21_18

レファラ、ミソシ、ラドミ。これは短三和音です。音の関係を調べます。

レファラ=レファ+ファラ=短三度+長三度

ミソシ=ミソ+ソシ=短三度+長三度

ラドミ=ラド+ドミ=短三度+長三度

つまり短三和音とは、短三度+長三度の組み合わせでできている和音です。


長三和音が明るく落ち着いた響きなのに対し、短三和音は不安定で少し悲しい感じの響きです。

でも構成してるのは短三度と長三度ひとつずつの組み合わせ。重ねる順番が違うだけです。

今はただ、不思議、と思っていて下さい。

Bbs09


« 演奏と会場の関係 | トップページ | 4、和音の転回 »

レッスンの友」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3,長三和音、短三和音:

« 演奏と会場の関係 | トップページ | 4、和音の転回 »

フォト
無料ブログはココログ