« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

笛を吹くお母さん

上の息子が二十歳になりました。

私が高校生の時に文集に書いた夢は「笛を吹くお母さんになりたい」でした。


夢がかなって20年経ちました。


本当に、ただただ、感謝です。


20cake

バースデイケーキはリクエストによりクリームチーズタルトを焼きました。


2011年6月26日 (日)

リコーダーのいいところ

リコーダーには色々いいところがあるけれど、その中で私が一番だと思うのは

吹けば ひとつの音が 出る

ということだ。他にこんな楽器があるだろうか?

ピアノは叩けば音が出るけど、たくさん鍵盤がありすぎてどれを叩けばいいのかわからない。
ハモニカは気をつけないと、いっぺんにたくさんの音が鳴ってしまうし。

フルートやサックスやオーボエや、管楽器はとにかく音を出すのに気を使う。

オカリナは仲間かな…

「ねえ」と言ったら


必ず

「なに?」と言ってくれる友達のようだ。


H


2011年6月19日 (日)

リコーダーコンソート青葉 その3

今でこそ20名以上の団員がいて、500人も入る大きなホールでコンサートを開くようになったRC青葉ですが、発足当時はそんな日が来るとは思いもよらないくらいふわふわと、ただ吹くのを楽しむようなグループでした。私も「先生」ではなく「わたなべさん」と呼ばれて、メンバーの一人として加わっていました。

ある日3人の入会希望者がやってきて、「前に見学に来て、このグループはとても上手だから練習してから入ろう、と相談して1年間練習してから来ました」というのです。私たちはびっくり。どう考えても大きな勘違いだと思うのですが、この熱心な3人がグループの雰囲気を変えました。

続きを読む "リコーダーコンソート青葉 その3" »

リコーダーコンソート青葉 その2

「リコーダー好きの大人とお友達になろう」という発想で、アンサンブルを一緒に楽しもうと集まったグループですから、何でもみんなで相談して決めようと思いました。「リコーダーコンソート青葉」という名前は、ミーティングを開くのに地区センターで何か団体名が必要になり、私が仮につけておいた名前です。でもみんなで相談してつけたほうがいいので、2回目のミーティングまでにそれぞれ考えてくることになりました。

続きを読む "リコーダーコンソート青葉 その2" »

リコーダーコンソート青葉 その1

 昨日はリコーダーコンソート青葉の練習日でした。

 リコーダーコンソート青葉(以下RC青葉)は横浜市青葉区に拠点を置く、現在22名のリコーダーだけの合奏団です。発足は17年前。備忘録として書いてみます。


 当時私は青葉区のあざみ野とたまプラーザの間くらいに住む、1歳と3歳の男の子の若き母親でした。ときどきレッスンをしたり、年に1回か2回演奏の機会を持つ以外は毎日公園に行き、近所の子も巻き込んで一緒に遊んでいるような暮らしでした。

 平日の昼間たまたま帰宅した夫が遠くから私たちを見て、「ずいぶんでかい子供がいると思ったら」私だった、なんて言ったくらいです。うちの子たちのように小さい子から小学校3年生くらいまで一緒になって遊べる、今思えば子育てにはとても恵まれた環境でした。

続きを読む "リコーダーコンソート青葉 その1" »

2011年6月16日 (木)

ヨウ素

去年次男がタスマニアでお世話になったホストファミリーが、向こうの冬休みを利用して東京にやってきました。最初の日うちの家族と一緒に食事。次の日は私が車で上野周辺を案内。3日目は次男も合流して新宿あたりをショッピング…という予定。


続きを読む "ヨウ素" »

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

フォト
無料ブログはココログ