トップページ | レオンハルトのコンサート »

2011年4月17日 (日)

お料理と器

4月6日にサントリーホールであった山崎まさよしとオーケストラのLiveに行ってきた。

友人に大のまさよしファンがいて、彼女がいけなくなった代わりに急きょ、行くことにした。

震災後、たくさんのイベントが中止になる中、「こんな時こそ音楽が必要!」と言ってステージに立つまさやん。最近ご無沙汰だったけどやっぱりすごくいいわー!この人見てたら元気になるわー!と思った。

でもどうしても気になることが…


バンドはPAを入れて、ソロを除きオケは生音で(たぶん)やってたと思う。

サントリーホールはいいホールだ。オーケストラの響きをちゃんと伝えてくれる。

そこに電気的な音響を入れてる音が混じると、なんというか、ほんとはこうじゃないんじゃないかな、と想像しちゃうのだ。サントリホールとオーケストラという組み合わせがぴったりしすぎて、バンドの音の後ろから、ちらちらと「ほんとはアタシたちこういう響きなのよね」というのが見え隠れするのだ。

そしてそれに気づくと、その違う響きを探す耳が働いてしまって、楽しむことが難しくなった。

5年前?に同じユニットで武道館でのライブを聴いたときは全く気にならなかった。だとすると。

うーん、これはお料理と器の問題ですね…

全く違う素材を組み合わせて素敵なお料理を作ることができても、器と合ってないと台無しになる。
たとえそれがとても高価で、良い器でも。

トップページ | レオンハルトのコンサート »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お料理と器:

トップページ | レオンハルトのコンサート »

フォト
無料ブログはココログ