2022年9月29日 (木)

20回目の発表会、終わりました

 25日日曜日、鶴見区民文化センターサルビアホール音楽ホールで20回目の発表会をしました。大学時代のアルバイトの延長でレッスンを始め、1989年に横浜のイギリス館で単独主催の発表会をしてから、はや33年。長いような、短いような…いや、やっぱり長い。

 たくさんの生徒さんと、たくさんの時間を過ごしてきました。いやなこと…あったかな…思い出せない。

楽しかったこと、生徒さんたちの笑顔しか思い出せません。そんなはずないんだけど。ノー天気ですね。

 

 この仕事のすごいところは、基本的に前向きな人としか出会わない、というところ。仕事や、仕事じゃなくても家事とか、家族の世話とか、大人なんだからそれぞれ事情を抱えてる。それを越えてリコーダーが上手くなりたい、レッスンに行こう!しかも個人レッスンに…なんて、前向きじゃない人にはできないことです。

 

 上等な人との出会いに恵まれているなあ、私も頑張らなくっちゃ…と、思い続けて33年。やっぱりあっという間でしたね(どっち!?) 

 

 写真は発表会の様子です。通奏低音はチェンバロ加久間朋子さん、ヴィオラ・ダ・ガンバ森川麻子さんがしてくださいました。舞台のお花は夫から。皆さんに、感謝、感謝!

Lr20


2022年9月16日 (金)

第20回発表会のお知らせ

 

2022年9月25日(日) 横浜市鶴見区民文化センターサルビアホール音楽ホール にて行います。

 

開場 13時30分 

開演 第一部 13時45分 第二部 15時10分

   第三部 16時30分 終演予定 17時45分

 

出演 LoveRecorderレッスン生、渡辺清美(リコーダー、フラウト・トラヴェルソ)、森川麻子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)加久間朋子(チェンバロ)

 

響きの良いホールでリコーダー、フラウト・トラヴェルソ、チェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバによるバロックの名曲をお楽しみいただけます。ご観覧は無料ですが感染対策のため事前登録が必要です。

 

観覧ご希望の方はこちらよりメールでご連絡ください。

 

(写真は第19回発表会の様子です)

コメントをお書きください

コメント: 0

2022年8月26日 (金)

ブログは電話帳

    ブログ、という表現媒体が好きです。

 こんなどーでもいいこと、書いてもしようがないな、と思うこともあるけど、書きたいときに書けばいいし、見たい人が見たい時に見ればいい。誰も見てくれなくてもいいけど、何かの拍子に見てくれた人と「こないだ書いてあったことだけど…」なんて会話のタネになるのもうれしい。

 友人で画家の山口和男さん(長年リコーダー教室にいらしてる生徒さんで今はフラウト・トラヴェルソを一緒に修行中)は「ブログは電話帳」と言っていて、おもしろいな、と思います。

「電話帳って、何か用事があるときにしか見ないけど、お店をやってるならそこに載っていたいよね。」

 最近、佐野洋子さんの「役に立たない日々」を読みました。佐野さんが乳がんの治療をしている中で書かれた本で、本当に割とどーでもいいことが書かれてるんだけど、疲れてるときや、やる気のないときに読むと、なぜか、元気が出ます。

「役に立たない」と思っていても何かの役に立つこともあるかもしれないし、まあ、そうでなくてもブログを続けたいと思っているので、良かったらまた遊びに来てくださいね!

 

 …と、ここまで書いて、電話帳であるなら尚更、多くの人の目に触れやすいようにすべきという気がしてきました。HPの中のブログに引っ越しましたがココログさんのほうがその点、優秀な電話帳かも。

 

出戻ってこようかなあ。

 

41761mpqlsl 

 

2021年8月27日 (金)

犬の鼻血 その後

 このブログでお世話になっている「ココログ」管理のニフティさまから、またもや「更新しないと編集ができなくなりますよ」というお知らせが来ました。前回の最終更新から1年経つのですね。その間に、二件ほどですが2015年12月の記事「犬の鼻血」についてご質問をいただきました。そのことを書きます。

 

我が家の愛犬ロンは、14歳の終わりころからくしゃみを始め、やがて鼻血が出るようになりました。歯周病からくるものだろうということで動物病院で全身麻酔をし、抜歯と歯石を取る手術をしましたがその3か月後にはまた大出血。一時はご飯も水も取らなくなり、歩くこともできなくなりました。入院させて点滴などの治療を受け、退院後も毎日注射に通う日々を続け、何とか回復しましたが鼻血はで続けていました。

 

また全身麻酔をしてCTで調べれば鼻の奥に腫瘍があるかはっきりするけれども、分かったところで直すことはできない。止血剤を使って一緒に暮らしていく方法を取ることにしました。そんな日々に書いたのが「犬の鼻血」の記事です。2015年の12月のものです。

 

それから1年、途中も入退院を繰り返しながらロンは頑張って生きていました。腫瘍は鼻の外ににこぶのように飛び出してきて、息をするのも苦しそうでした。たぶん痛みもあったのか、夜も眠れなくてグルグル歩き回るようになりました。見かねて止血剤をもらい続けている動物病院に相談すると、「心臓が丈夫だからこのまま生きていけるかもしれない。腫瘍を取り除けば完治はしなくても生きている間、息苦しさは楽になる」と言われました。とても迷ったのですが、ロンの暮らしが楽になるなら、と腫瘍除去の手術を受けました。

 

結果として、その手術の約2週間後にロンは亡くなりました。腫瘍は脳に張り付いていて、除去したことで脳が動き、自分の体をコントロールできなくなったのでした。ロンの意識は戻らず、最後は我が家に連れて帰って家族で看取りました。16歳と4か月。動物病院を出て二時間後でした。

 

 良かれと思って選んだ手術でしたがこうなってしまったこと、私たちはとても後悔しました。ロンが亡くなってもうすぐ5年。今も何が正しかったのかわかりません。もしかしたら、ロンがご飯も水も取らず、歩こうともしなくなった時の対応そのものが間違っていたのかもしれません。むりやり助けて苦痛を長引かせてしまっただけなのか…

 

 ロンをなくしてからの3年はペットロス状態で本当に辛い日々でした。時間くすり、とはよく言ったもので、5年近く経ってようやくこうして書くことができました。ロンが苦しそうで悩んでいるとき、私も「犬の鼻血」でずいぶん検索して情報を集めました。それさえも良かったのかはわからないけれど。

 

 たぶん何をしても、何をしなくても後悔すると思います。それはそのまま愛情の深さであると、今悩んでいる誰かにも、自分にも伝えたいと思います。

次はアイボかな… ロンと毎日のように散歩していた河原に久しぶりに行きました。5年経っても涙が出ちゃう。もう次はアイボかな…

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月28日 (金)

残暑お見舞い&近況報告

Img_20200721_145301_20200828133201

残暑お見舞い申し上げます!

 こちらのブログから移転してはや1年と2か月。新しいアドレスでも超スローペースな更新ですが、ご訪問くださる方に感謝しつつ、ブログを続けております。

 ところで、こちらの旧ブログは新しい記事は載せないものの、古い記事は可能な限り取っておくつもりですが、管理元のNiftyさまから「9月1日までに更新しないと古い記事の編集もできなくなりますよ」というお知らせをいただきました。そんなわけであわててこちらで近況報告をさせていただきます。

 「シュートメになりました!」という記事でブログを締めくくった後、私は先月「おばあちゃんになりました!」…自然な成り行きでございます。

 振り返って記事を読むと、何となくこの先、ヨメシュートメ問題、が出てきそうな雰囲気もあるのですが、おかげさまでとても良好に楽しく過ごしております。詳しくは新しいブログをぜひお読みください。

 

 拙著「リコーダーが上手くなる方法」掲載曲の音源をホームページに載せるために始めたYoutubeですが、少しずつコンテンツを増やしていってます。「紙テープ1枚でリコーダー練習の音を小さくする方法」もとても便利です。

先日、過去の演奏も載せてみました。クープラン 恋のうぐいす 2014年光と緑の美術館コンサートでの演奏です。

よろしければチャンネル登録もお願いします!

 

 

 

 

2019年6月11日 (火)

ブログ移転のお知らせ

 「らぶりこdays in にこたま」をご訪問頂きありがとうございます。

当ブログは移転いたしました。新しいページのリンクはこちらです。クリックしていただくと新しいページにジャンプします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。らぶりこdays in にこたま

 

2019年3月15日 (金)

シュートメになりました!

 この間の日曜日、次男が学生時代からお付き合いしていた彼女と入籍しました。

当日は二人で思い出の場所を訪れたい、ということで、その一週間前に両方の両親を食事会に招いてくれました。

おかげさまで私はシュートメになりました。

 食事会の後、6月に決まっている結婚式の会場を見学。思いがけずテンションが上がってしまい、帰りに何か自分のものを買おうと立ち寄ったお店で「あ、これをオヨメさんにも…」とすぐ思ってしまって、ハッとします。

そういえば結婚してから何年かは何かにつけ義母が私に身に着けるものをくれたっけ。それでもやっぱり趣味があるから、ほとんど使わなかったな…

 今になって義母の気持ちがわかります。でもオヨメさんの気持ちもわかるから、手に取ったポーチをまたお店の棚に戻しました。

「シュートメ」は「古い女」で「姑」。嫌な字だな、と思っていたけど、なってみると悪くない。彼女のことも同じ苗字のお嬢さん、というだけでとっても嬉しく、可愛く、いとおしい気持ちです。

でもきっと、この気持ちはオヨメさんには伝わらないだろうな…

Img_0055


昨日はホワイトデーでした。「何がいい?」と聞いてくれたのでお花をリクエストしました。

 

2019年3月11日 (月)

引っ越し作業をしています。

…とはいってもホームページの引っ越しです。

 2000年に開設したようなのでだいぶ長いことお世話になったホームページですが、プロバイダを変えて、簡単に作れるところに引っ越すことにしました。
 生徒さんに優れた方がいらして、最初のホームページを作るのを手伝ってくれました。あれが20年近く前になるとは…
 思えばこのホームページを作ったことで、卒業後すぐに結婚、子供ができ、家で細々とレッスンをしていただけの私を色々な方が見つけてくださって、音楽を続けて来れたのだなあ、としみじみ思います。本当に感謝です。
 現在の手作り感満載のホームページは気に入っているのですが、作成ソフトを使って作る方法がどうにもならなくなってJimdoというホームページ作成サービスを利用します。とても素敵なページが作れるのですが素敵すぎて、まだうまく使えていません。ただ、本当にお伝えしたい内容を整理するのはとても楽になりました。
 作成開始とともに公開されているようなので、作成途中ですが良かったら遊びにいらしてください。アドレスはhttps://www.lovereco.net/です。

春はいろいろ忙しいですね!

Roubai
 秩父宝登山の蝋梅園です。
 こんなにたくさんの蝋梅を見たのは
 初めてでした。

2019年3月 3日 (日)

2月は逃げる。3月は…

 あっという間に二月が終わり、今日は3月3日のお雛祭りです。

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。」どなたか存じませんが、うまいことを言うものですね。
 3月最初のあるグループのレッスンで、ある生徒さんが治療のためにこれからしばらくお休みする、と話されました。長い時間を共にしてきた仲間たちに心配をかけないように、明るく話す笑顔が印象的でした。彼女は柔らかい、明るいピンク色のニットを着ていました。いつも周囲の人を元気づけ、ムードを明るくしてくれるHさんらしい配慮をそのピンク色のニットに感じました。

 その帰り道、また別の生徒さんが、新しい挑戦のために一度今までやっていたことをみんなお休みすることにしました、と話してくれました。なんと、春から大学生になるそうです。ずっとやってみたかったことだから、18歳の新入生に混じって毎日大学に通うのだそうです。周囲の人に話して、笑われるかな、と思っていたら意外にも「すてきね~!」とか、「いいな~!」とか言われて、うれしい、と話すお顔はとても生き生きとしていました。

 「3月は去る」。卒業の時期でもあります。私のような個人教室には決まった時期に一斉に、というのはないのですが、それでもそれぞれのタイミングで卒業していかれます。
 

 寂しくなるけれど、生徒さんの人生のひとときにリコーダーと音楽で関われたことに、心から感謝しています。そしてその後始める新しい挑戦~病との戦いも含めて~に臨まれる生徒さんたちを心から応援しています!
 

Ohinasama



    この手作りのお雛様も毎年飾って28年経ちました。

来週、我が家にもう一人お姫さまが増える予定です

2019年2月 4日 (月)

ペトルッチの楽譜

ペトルッチ楽譜ライブラリーは、カナダの著作権法の規定で権利切れとなった作品の楽譜を無料で配布してくれるサイトです。
リコーダーの重要なレパートリーであるバロック時代以前の作品は皆これに当たるので、このライブラリーにあれば、とても助かりますね。

 

欠点は、ウィキペディアのように世界中の人があちこちから楽譜をアップしてくるため、どの版を信用していいのかわからないところです。

 

作曲家本人が生きていた時代に出版された楽譜を画像にして印刷するファクシミリ版は、信用度が高く、現代譜に直されて出版しているものより間違いが少ないです。ただし、慣れないと読みにくいという人は現代譜に書き直されている楽譜がリンクのページに載っているのでファクシミリと照らし合わせてお使いください。

 

下にあげたリンクは、リコーダーのスタンダードなレパートリーです。

 

放置していたリンク切れを修正し、新しいものも加えました。

 

クリックしてダウンロードして保存、または印刷してお使いください。

 

 

 

Tree01

 

 

 

 

 

ファン・エイク 笛の楽園 1-41

 同上         42-85

 同上         86-143

 

ヘンデルのソナタハ長調(自筆譜は途中から)

ヘンデルのソナタイ短調

 

ヘンデルのソナタ変ロ長調

 

ヘンデルのソナタト短調

 

ヘンデルのソナタニ短調

 

ヘンデルのソナタヘ長調

フィンガーの二重奏(ファクシミリと現代譜両方あり)

 

コレッリのリコーダーソナタ(作品5の7番から12番のリコーダー版)

 

 

 

マテゾンの二重奏と三重奏のソナタ集

 

テレマンの12のファンタジア

 

テレマンのメトーディシュ・ゾナーテン

 

テレマンのカノンソナタ TWV118-123

 

テレマンの6つのソナタ(デュエット)TWV40:101-106

 

テレマンの6つのソナタ(デュエット)TWV40:124-129

 

テレマンの9つのソナタ(デュエット)TWV40:141-149

 

ボワモルティエのデュエットOp.13

 

 

 

ボノンチーニのディベルティメント
(チェンバロ版なのでリコーダーは最上声部を移調すればOK)

 

 

 

デヴィジョン・フルート

 

フィリドール(アン・ダニカン)のソナタ集   (これの最後の曲がとっても有名)

 

シェドヴィルの「忠実な羊飼い」(伝ヴィヴァルディ)

 

オトテールのソナタ集1巻のファクシミリ

 

同2巻

 

オトテールプレリュード集のファクシミリ

 

オトテールデュエット1番

 

同上2番

 

同上3番

 


マルチェロ12のリコーダーソナタのファクシミリ

 

マンチーニ12のリコーダーソナタのファクシミリ

 


バルサンティ6つのリコーダーソナタのファクシミリ

 

バルサンティ  古いスコットランド民謡集のファクシミリ

 

ゲントのルイエのリコーダーソナタ集第1巻

 

同上2巻

 

同上3巻

 

同上4巻

 

ゲントのルイエのデュエット

 

 

 

H

«新春Viva☆リコーダーカルテット 神奈川公演

フォト
無料ブログはココログ